伊豆地域

拡大地図をみる

伊豆地域の拡大地図をみる

拡各源泉についての情報PDF

      平成18年2月1日基準

泉質について詳しくみる

地域別温泉検索 西部温泉検索GO! 中部温泉検索GO! 東部温泉検索GO! 伊豆温泉検索GO!

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe(R) Reader(TM)(別 ウインドウが開きます)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード
3東伊豆〜南伊豆温泉郷
東伊豆温泉郷
(大川温泉、北川温泉、熱川温泉、片瀬温泉、白田温泉、稲取温泉)
伊豆半島の東海岸沿いに広がる温泉郷。
波打ち際にある日帰り入浴施設では目線上に大海原が広がり自然との一体感を味わえる。
高温泉が多く、片瀬温泉で90度超、その他の地域でも80度〜60度の温泉を湧出し中には100℃を越えるものもある。駅前では温泉熱による小規模の温泉熱発電を行い、施設の電力をまかなう。
海辺の温泉街付近では湯煙が上がるやぐらなど温泉地らしい風景を見ることができる。

主な泉質

河津温泉郷
(今井浜温泉、谷津温泉、峰温泉、湯ヶ野温泉、梨本温泉)
河津桜で有名な河津川沿いの温泉地から、伊豆の踊り子の舞台となった天城の山深い温泉地までそれぞれ趣が異なる。河津七滝観光スポットの起点となる梨本温泉では森林浴や滝のイオンなども相乗効果 となり、より高い温泉療養の効果が期待できる。

主な泉質

下田温泉郷
(吉佐美温泉、下田温泉、下田白浜温泉、蓮台寺温泉、河内温泉、横川温泉、観音温泉)
真っ白な砂浜の続く美しい海岸沿いの白浜温泉、かつては湯治場として賑わった面影が残る横川温泉、温泉の大湧出を誇る蓮台寺温泉、観音様のお告げにより発見された強アルカリ泉の観音温泉など、特徴のある泉質の温泉地がある。

主な泉質

下賀茂温泉
伊豆半島の最南端、青野川沿いの静かな温泉地。
早咲きの河津桜と菜の花を見にツアー客が大勢訪れる。
高温の温泉熱を利用したメロンや花の栽培も行っている。

主な泉質